管理組合とは通常総会での事業報告

管理組合とは、そのマンション管理の主体となる組織で、マンション法(区分所有法)では、分譲マンションを購入した方(区分所有者)全員がマンション管理組合に所属することを義務づけています。

管理組合の目的は、住まう方の共有財産であるマンションを維持管理することです。
そして、マンションには各区分所有者の固有財産である専有部分(住戸)と、住まう方が共有する財産である共用部分がありますが、管理組合の主な役割は、共用部分を維持管理し、住まう方全員が快適に暮らせるようマンション全体の価値を維持し高めることにあります。また、マンション内でのゴミの出し方やペットの飼育など、住まう方たちが守らなければならないルールを決めるのも管理組合の役割です。

管理組合は住まう方たちが運営していきます。ですから、管理組合活動が活性化していくことにより、住まう方の自治意識が高まり、意思の疎通や交流も盛んになり、マンションに対する愛着もより深くなっていきます。
逆に管理組合が名前だけのものになってしまうと、点検・清掃・修繕などがおろそかになり、マンションの価値が下がってしまいます。また、管理組合として話し合いを行う場合にもスムーズな合意形成を図りやすくなります。

管理組合の主な役割はマンションの維持管理と述べましたが、管理組合活動が活性化すればするほどマンションに住むことに対してのモラルも高まって、維持管理に対する意識が高まり、将来を見据えた修繕計画はもちろん、資産価値の維持・向上につながっていきます。より住み心地のよいマンションへ、管理組合はまさに、その主役といっても決して過言ではありません。

PAGE TOP